• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr

「ずっと負け続けてきたけど、ようやく光が見えてきた」Mattonが語るPAELLAS結成6年目の自負と覚悟

かねてから耳の早いインディーファンの間で注目を集めていたPAELLASの周辺状況が慌ただしい。PAELLASは昨年夏に『出れんの!?サマソニ』に出演し、今年に入り、全国版のe.p.『Remember』を発売したかと思えば、今月からピーチ・ジョン(!)のCMトラックにが選ばれた。
 
親しみやすい兄ちゃん風情でもない。スノビッシュでモードな服装で自分たちの美学を守り、淡々と“自然と体が揺れる音楽”を追い求めてきたPAELLASであるにも関わらずだ。
 
昨年5月、ライヴハウスで海外のWild Nothingなどと同期するような「Hold on Tight」という楽曲と、ナードな色気たっぷりなパフォーマンスを見て以降、PAELLASの虜になっていた僕は、昨年12月に原宿VACANTでのライヴ企画『3』にも登場してもらった。そしてバンドのモードが変わりつつあることを感じ、インタビューの依頼をした。
 
インタビューの最中「今年がダメならもうダメ」とまで言い切るボーカルのMattonと、never young beachのギタリストとしても活躍する、PAELLASの中心的トラックメイカーのANANの2人に、過渡期の中にいるPAELLASについて、自分たちが求める音楽像と、バンドの中で見えつつある変化の兆しについて、前後編に分けて話を聞いてみた。

 
photo1

俺らにはそもそも天然の不良のメンタリティーがないと思った

ーそもそもMattonは、どういう音楽に影響を受けて育ったの?
 
Matton:小学生の頃は周りにGLAYとかL’arc~en~Cielとか全盛で聴いてるやつおったけど、俺は全然ピンとこなくて。だけど浜崎あゆみを聴いて、めっちゃいい!ってなって、その頃から歌うことが好きになった。今でも『LOVEppears』とかは好きなくらいやからな。それからベタにB’z聴いて、エアロスミス聴いてとか(笑)
 
中学になると、THE YELLOW MONKEYとかBlankey Jet Cityを聴きはじめて、ロック然としたバンドが好きになった。
 
大阪の大学が一緒のビッシーがTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTが好きっていうのもあったから、それに近いガレージロックで、メロディーは海外志向のバンドをやっていた。でも俺らはそこまでそういうキャラやなかったというか、うまくハマらんくて・・・。大阪では、黒猫チェルシーとか女王蜂とか、ガレージ感が強いシーンみたいなものもあったんだけど、だんだん向いていないってことに気づいて今のPAELLASの形になったのかな。
 
ー具体的に向いていないと思った理由って?
 
Matton:俺らにそういう元々生粋の不良のメンタリティーと圧倒的なカリスマ性みたいなもんってなかったのかもしれんなと思って。そういう音楽はあらかじめそういうのが似合う人たちがやるものだから。今冷静に分析すると俺がブランキー好きやったのはそれが天然記念物みたいやからって思ったのもある。そういう迷いを感じている時期に、The xxとGirlsを2枚同時にジャケ買いしたのが、今のスタイルに近づく大きなきっかけで。

 

ーPAELLASを組む前に一個挫折ではないけれど、バンドの解散があって、自分がどんな音楽なら表現できるのかを模索していたんだね。
 
Matton:そう。The xxのジャケの裏の帯見たらMassive Attack以来のブリストル、イギリスの音楽の新しい形だみたいに書いてあって。Girlsはそこまではまらんかったんやけど、The xxはめちゃくちゃ好きになって。そこからThe Drumsとかも聴くようになった。ただ、その頃ビッシーはサイケダブみたいな方を掘り出して、最悪やってん、その頃(笑)
photo1 ーそれぞれが違うものを模索する時期だったんだ。
 
Matton:俺は音数少ない引き算の美学にそこで目覚めて。元々俺ら器用に技術があるバンドでもないから、「こういうシンプルな形やったらいけるかもしれない」って思ったのが大きかったかもしれない。他に周囲を見てもこういう音の出し方をしているバンドはまだなかったから、「勝負できるとしたら、ここや」みたいな気持ちがあった。
 
そこからSoundcloudに曲をあげ出して、海外やネットレーベルのAno(t)rksから反応があったり、脱退したギターの代わりに今は懐かしきmixiのバンド募集でANANに出会ってギターとして入ってもらうみたいな形になっていったんよ。
 
 

上京後感じた迷いと焦り。それがPAELLASらしさを模索する契機になった

ー『Remember』やCMを見て最近PAELLAS知った人は意外に思うかもしれないけど、PAELLASはもう6年近くやっているんだよね。1stフルアルバムは2012年11月だし、他の台頭する若手インディーのバンドよりちょっとバンド歴は長いよね。
 
Matton: そうやね。当時はなんなら The fin.が出てきたときに俺らに似てるって言われてたくらいやからな。
 
でも先にHAPPYもThe fin.も東京に行って、このまま大阪にとどまってくすぶっていられないって思ってた。だからANANがアメリカ留学から帰国して、「Suger」という曲を出したタイミングあたりで、ビッシーとANANと3人で上京しようってなった。当時のドラムのコマツくんもそのタイミングで上京するタイミングでもあったし。曲作りができるメンバーのANANとビッシーの2人と同じマンションで上京したんよ。そこからそれぞれお金を貯めることに奔走したり。結局状況したのが2014年2月。「勝負の年や」って思って、腹くくって東京に上京した。
 
ー東京のインディーシーンに乗り込んだときはどういう感じだった?
 
Matton:たまたまSlow Beachっていう今のLucky Tapesの高橋海くんがやっていたバンドを知っていて、それを ANANと観に行なったときに、Yogee New Wavesを見て、度肝抜かれたのを鮮明に覚えているよ。まだ音源を出していない段階で、こんなパフォーマンスできるバンドが東京にいることに驚かされて。Ykiki Beatとかも観て、正直焦りはめちゃくちゃ感じた。逆に言ったらラッキーやなと思ったけどな。こんないいバンドたちと一緒にやれるのは身が引き締まるし、めっちゃ恵まれとる環境やと思えた。
 
ー『Remember』にはいっている、「Cat Out」は東京に出てきてからできた曲なだよね?
 
Matton:そうだね。東京に出てきたあと位にR&Bみたいなのが流行って。そのときにRhyeとかBlood Orangeが出てきて、傾倒するようになった。俺はいろいろと好きな音楽が移り変わっていくんやけども、変わらずに自分のなかに好きな音楽の軸としてあるキーワードの1つが『セクシーさ』というものがあって。それが今あげた2人にはあるように思えて。こういう要素を取り入れたいというところでできてきた曲で。

 
 
 

隙間産業みたいだけど、当時日本にそういうテイストを取り入れるバンドはいなかったから手応えも感じられた。ANANが元となるトラックを作って、ビッシーと3人でセッションしてできたんよ。時をほぼ同じくして、ユナイテッドアローズの映像企画〈NiCE UA〉New Balanceに楽曲を提供したり、バンドに追い風が来ているような気もしてた。・・・当時はね。

photo1