「ずっと負け続けてきたけど、ようやく光が見えてきた」Mattonが語るPAELLAS結成6年目の自負と覚悟

ー隙間産業という言葉が出たけどさ、PAELLASの何が面白いかってメンバーみんなそれぞれ音楽の嗜好性が違って、どこを掘っていくか・誰が前に出るかで楽曲に全然違うニュアンスが出たり、不思議なグルーブが生まれると思うんだよね。誰がベースとなるトラックを担当するかで、楽曲の方向性も変わっていくはずだし。ボーカリストワンマンのバンドが台頭するなかで、すごくオリジナルに映るんだよね。
 
でもこの間のOTOTOYのインタビューでは、『負け負け負け続けている』っていっていたよね。その真意はどこにあるんだろう?

 
Matton:いろいろと自分たちを追い抜いて、スターダムにのし上がるバンドもたくさん出てる状況ということもあったからかな。
 
それより大きな課題として曲を作ってもライヴをやっても、自分たち自身が納得の行くところまで、パフォーマンスを持っていくことができなかったというのが大きい。そういうなかで自分自身がモチベーションを保てなかった時期も正直あった。もちろん少しずつ前進はできている手応えはあったんだけどね。でもなんか、満足がいくところまで持って行けてなかったり、色々と周囲のバンドをみて、焦ったり迷ったりもした。

あとは目の前の製作に没頭するだけ

ーとは言っても、去年は『出れんの!?サマソニ』に出たり、昨年の12月にドラムのコマツタカヒロが脱退して、サポートにタカハシリョウスケさん(ex.Physalia Physalis Phyche)さんを迎えてライブをやったり、今年の元旦に『Remember』発売。現在CM曲にもPAELLASが選ばれている。そういうなかで、Matton自身のPAELLASに対するモチベーションやバンドの雰囲気に変化を感じる?
 
Matton:うん。今、年内に新作を出せる用に製作しているんだけど、すごく調子良い。自分が仕事を辞めて、PAELLASに全神経を集中できる状況に追い込んでるというのも作用している風に思えるけど(笑)。今2-3曲「Hold On Tight」とか「Night Drive」とか「Cut Out」以外にも自分たちの顔になってくれそうなキャッチーな楽曲ができてきていて。
 
その1つが「Tell me what to do」というライヴでも最近披露している曲なんだけど、その反応もいいし。この間のスタジオもすごく良くて。やっと形が見えてきた感じがする。だから今はあんまり不安はない。この形でやっていけば、まぁ売れるか売れないかは知らないけど、間違いなく自分たちは胸を張っていられるかなと思えて。
 
ーそうなんだ。5年活動をしていて、バンドの目指すべきところってどこに据えているの?
 
Matton:俺はもう自分たちの100%理想の形になったとしても、Suchmosみたいな売れ方をするともあんまり思ってなくて。「じゃあどうすんだよ」って話になるけどそれは置いといて、まずは自分の100%理想の形の音を出すことが先決かなって思っている。あとはなるようになるだろうって感じ。
 
はっきり言ってしまえば、『Remember』は一度リリースしているのもあって、こんな曲書いていてたなぁっていう過去のものなんだよね。とりあえず今使える手札のなかから、カードを切ったみたいな感じだから。でも今それとは関係なくいいものができてきているような印象を受けるな。
 

 
photo1

 
ー今年のPAELLASの動き次第では、時代の潮目とか風向きが変わってくる気がしているよ。そのときにPAELLASが番狂わせを起こすことをどこか期待している節があって。
 
Matton:ありがとう。俺はあんま表に出さんけど、結構ここまで負けず嫌いのエネルギーで持ってきてるところはあるから。俺は88年生まれで、他の若手バンドよりちょっと年齢が上やから、下の世代のミュージシャンのセンスもいい部分とか器用な部分とか、だからこそ上手いこと軌道に乗っているのを隣で見てきた。でも俺らはずっとそうじゃないから。
 
飄々とやってるように見えるけど、やっぱり悔しい思いはたくさんしてきたし。今俺はあいつらに負けないくらい胸張れるものを作りたいって思っている。自分自身が100%納得いくものができるように、今はただ目の前のことに熱中するだけやろって思っている。ダメやったらそれまでやけど(笑)。状況はおのずと作られると信じてる。年内にあっと驚かせられる新作を出せるように、頑張るよ。
 
ーじゃあ今が本当に過渡期だね。
 
まぁ、PAELLASをやりだしてずっと過渡期が続いている感じだけどね(笑)
photo1 Photo:Kodai Kobayashi