• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr

栁 俊太郎/東京のプリンスたち01
〜Behind the scene〜

photo1

『東京のプリンスたち』というタイトルで、写真家の小林光大と『次の一手を模索し、探求している若い役者』の話を聞いて撮影しようと企画したのが、半年ほど前。 その第一弾として実現したのが雑誌『メンズノンノ』のモデルとしてデビューし、『FACETASM(ファセッタズム)』のモデルや役者としても活躍している栁 俊太郎。SILLYというWebメディアで公開したが、そちらには載せきれなかった写真とメンズノンノのモデルになるまでの頃の話とこれからの仕事にかける思いとビジョンについてthe future magazineのWebにBihind the sceneと題し掲載する。SILLYの記事と合わせて読んでみてもらえたら。

photo1

10代の頃抱えていた、表現者への憧れ

ーメンズノンノのモデルになる以前はどんな風に過ごしていたのですか?
 
:幼い頃からずっと何かを表現する仕事がしたいと思っていました。直感として、普通に就職して会社員になることは絶対にないだろうと感じていて。幼稚園生の頃の文集に将来の夢を『スーパースター』と書いたりしていましたね。お遊戯会も絶対主役をやらせてもらったり。
 
何かを表現する仕事に就きたいう感覚を10代でも抱えていましたね。だから親に『勉強しろ』と言われても、『いや、大丈夫だよ』と言っていました。『それで、何が大丈夫なの?』と親に言われても、感覚でしかないから、ただ『大丈夫だから』と言ったりして(笑)。 photo1 ーでもメンズノンノのモデルは自分で応募しようと思っていたわけではないんですよね。
 
:そうですね。姉貴に『送ってみたら』と言われました。それがすごく嬉しかったですね。僕はそれまでこういう世界に入りたいというのは誰かに言ったことなかったので。一番近くで自分のことをみている家族はどこかで勘づいていたのかもしれないですね。よくよく話聞いてみたら、オカンが姉貴に『送らせてみなよ』みたいに言っていたみたいなんです。部活一筋だったので、ファッションのことは当時そこまでよくわかっていなかったのですが。
photo1 ー部活動での印象深い思い出はありますか?
 
:高校時代はバレー部に所属していたのですが、僕が所属していたのが東北地区大会の3位になるような強豪チームで。先生がすごく厳しい人だったのですけど、なぜか僕は『変わり者キャラ』みたいなノリで色々と許されていて。例えば、ウォーミングアップの時間にいつも僕らが選んだ曲を流すんです。ただそれが『気合いが入る曲』限定で、周りが若いアーティストの曲を流しているなかで、僕は従兄弟の家にあった、ボブディランのCDをパクって流したんです。そしたら先生が『誰だこの曲流したのは! 全然気合い入んねぇじゃねーか』って怒るんですけど、『すみません、僕です』と言ったら、『お前面白いな』と言われて。普通だったらモロに“指導”の対象なんですけど、なぜか許されるずるいポジションでしたね。
photo1 ー先生はどこかで栁くんの資質を見抜いていたのかもしれないですね。
 
:かもしれないですね。ボブディランを流していたのもどこかできっとこの狭い世界から抜け出すだろうなと思っていて、そのための準備を無意識でしていたんだと思います。映画でも音楽でも写真でも色々と自分で『格好いいな』と思うものを勝手に探求していましたし。映画マニアというわけではないんですけど、格好いいと思えるもの、絵が綺麗だと思えるものが好きでした。

photo1